只今練習中の
Satin Doll について、作曲は1953 Duke Ellington Billy Strayhornの共作と言う事になって居ますが、実際は Srayhorn 一人の作曲であるらしいのです。
1958年には Johnny Mercer によって歌詞が書かれ、以後多くの歌手によって歌われると共に、Ellington は各演奏会のクロージング・ナンバーとしてこの曲を演奏しました。サテン・ドールはスラングを多用したきわどいセリフが多い為、過去には娼婦の歌だとの解釈が有ったようですが、昨今の印象では少し飛んでるイカシタ娘の事を惚れた男の目から見た歌だと言う解釈に変わって来ています。
スラングの解釈は様々ですが、以下歌詞を訳してみましたのでご参考までに。


Cigarette holder which wigs me       長いキセルが気をそそる
over her shoulder, she digs me,      肩越しに流し目をくれる
out cat’n’; that sat’n doll      遊び人、それがサテン・ドール

Baby shall we go out skippin’       急いで遊びに行こうよ
careful amigo, you’re flippin’     アミーゴ注意しろ、熱くなって居るぞ
speaks lat’n, that sat’n doll    気取った事を言うそれがサテン・ドール

She’s nobody’s fool, so I’m playin’ 彼女は抜け目が無い、だから僕は
it cool as can be                       出来るだけ冷静にふるまう
He’s no fool, he’s as cool as can be  彼は抜け目が無い、出来るだけ冷静
I’ll give it a whirl, but I ain’t for 僕は旋風を巻き起こす、
no girl catchin’ me                  でも誰も引っかかって来ない
Switcherooney,                          なんてこった

Telephone numbers, well, you know,   電話番号の数々、さて、仕方無い、
doin’my rhumbas with uno,         (気を引く為に)ルンバを一人で踊る
and that’n’ my sat’n doll         それであれが僕のサテン・ドール

                                             サテンドール:いかした娘


 DukeNとNixon

 Duke Ellington with Pres. Richard Nixon 1969

どうでしょうか、よりストレートな
Love for Sale などと比べると、娼婦の歌と決めつけるには問題が有りそうですね。楽しく歌いましょう。

Bass : M.K.