41bNCPF3U9L__SY445_

ブルー・スカイズに入ってようやく半年、団員の方や周りの人から同じ様な質問を受けることが多いので、以下代表的な質問Qへの答Aで、自己紹介とさせていただきます。

 

Q:どうして、ブルー・スカイズに入ろうと思ったのですか?

A:もともと歌うのが好きですが、大声で歌っていると結構全身の運動になるし、ストレスの解消にもなります。それに、どこでも一人で練習できるので、お金もかかりません。風呂での鼻歌練習が好きで30分は入っています。

 

Q:ブルー・スカイズはどこで知りましたか?

A:ネットで知って、横濱ジャズプロムナードを聞きに行きました。合唱はゴスペルや第九の経験がありますが、楽しく歌って、楽しく聞ける音楽をやりたいなと思って入りました。少しお酒を飲みながら、というのが理想的です。飲みすぎると演歌になってしまいますが。

 

Q:ジャズが好きなんですか?

A:高校まではグループサウンズやフォークソング全盛期だったんですが、大学時代は70年安保・ベトナム戦争・大学解体等々で勉強どころでなく、映画では主人公が無様に死んでいくニューシネマ、ヌーベルバーグ、やくざ映画、アングラ演劇といった混沌とした時代で、平均的大学生としてかなりの時間を薄暗いジャズ喫茶で漫画週刊誌を読んで過ごしていました。ちょうど、ジャズもフリーからフュージョンが始まっており、ジャムセッションはソロを奪いあう様な雰囲気があり、マイルスは進化しており、一方デューク・エリントン楽団も頑張っており、面白かったですね。社会人になってからは遠ざかっていましたが、これを機会にまた聞いてみたいと思っています。シンガーならサッチモが好きです。

 

Q:ブルー・スカイズに入ってみてどうですか?

A:やっぱりプロの生演奏をバックに歌えるのが素晴らしいです。曲もスウィングやラテン、スタンダードやポップス等、変化があって楽しいです。スキャットと変則的なリズムが、これぞジャズということでしょうが、新しい経験でこれからの課題です。それから、年期の入った諸先輩から色々な話を伺えるのも楽しみです。宜しくお願いします。

 

テナー M.T.