練習曲について

It Might As Well Be Spring

新曲は久しぶりのミュージカルからの曲ですね。

私がCaliforniaに引越した時(1979−1986)、County Fair(郡の祭り)に行きました。この歌が挿入されているミュージカル映画”State Fair”はアイオア州の祭りが舞台ですが、面積の大きなCalifornia州ではCounty Fair がそれに当たると思います。securedownload

 

東海岸ではあまり家畜とか農業と縁のない生活をしてきたので、最初は衝撃的でした。CountyFairでは動物、農作物、食物、手芸の品評会、遊園地の乗り物などに加え、木槌で叩くとその力で目盛りが上にグーっと上がって行き、上の鐘をどの位鳴らせるかを競う遊びや、荒馬乗りなど男性の力自慢を見せつけるものを見ました。男性はカウボーイハットにジーンズ、刺繍の入ったウェスタンシャツやチェックの柄ものシャツ、後ろに車輪のようなものがついているカウボーイブーツなどで身を固め、一方、女性は金髪のロン毛をなびかせ、胸の開いたドレスで女性らしさを強調したり、タイトジーンズでカウガールのスタイルで格好良さを見せたりで、いかにも西部という感じでした。東部の男性は背広が普通でしたし、力自慢というよりは理知的な方に重点を置くので、東部と西部とでは人々の態度や性格から草木まで同じ国とは思えないほど違うのだと感じました。その後何回かCounty Fairに行きましたが、お皿や花瓶に絵を描くチャイナペイントの仲間と一緒に応募した私の作品が、手芸の部門の品評会でFirst Awardをいただきました。securedownload statefair

 















さて、私たちの新曲、It Might As Well Be Springは幼少時から決まっていたいいなずけが魅力のない現実的な人なので、適齢期になっても結婚に踏み切りたくないと沈んでいる女性が憂鬱に歌います。ただ、歌詞の中には、春になって何か新しいことが起きるかもしれないという予感や、夢を期待する気持ちが込められていますね。ミュージカル中で家族とState Fairに行きます。そこで彼女は素敵な男性と出会うのです。今まで知らなかった世界、楽しい時間を共有して、ハッピーエンドとなります。

この新曲は強弱やリタルダンドなどたくさんあって穏やかなハーモニーが綺麗ですね。これからのBSの力量を上げる一曲となりましょう。

 

アルトMS

こんな曲を歌っています  第11~16回


第11回コンサート

2012/4/21

・Blue Skies
・On The Street Where You Live(改訂版)
・What A Wonderful World
・It' Don't Mean A Thing
・I'm In The Mood For Love
・Take The “A”Train
・With A Song In My Heart
・In A Mellow Tone
・LOVE
・Be My Love
・The Lady Is A Tramp
・Lullaby Of Birdland
・Stardust
・アンコール When You're Smiling 

第12回コンサート

2013/4/20

・オープニング~春の小川
・Over The Rainbow~Moon River
・With A Song In My Heart
・It' Don't Mean A Thing
・In The Still Of The Night
・The Lady Is A Tramp
・Route66
・My Romance
・Lullaby Of Birdland
・Someone To Watch Over Me
・In A Mellow Tone
・St. Thomas
・On The Sunny Side Of The Street
・In A Mellow Tone
・What A Wonderful World(全体合唱)
・April In Paris
・Bye Bye Blackbird
・アンコール Blue Skies 

第13回コンサート

2014/4/19

・Blue Skies
・I've Got The World On A String
・In The Still Of The Night
・Tennessee Waltz 
・It Don't Mean A Thing
・Night And Day
・Satin Doll
・Fky Me To The Moon
・Dream
・You Are My Sunshine(全体合唱)
・You'd Be So Nice To Come Home To
・How High The Moon
・When I Fall In Love
・April In Paris
・All Of Me
・アンコール When You're Smiling  


第14回コンサート

2015/4/18

・Blue Skies
・I've Got The World On A String
・As Time Goes By
・Satin Doll
・Dream
・Stolen Moments
・Tea For Two
・How High The Moon
・Cheek To Cheek
・You' Be So Nice To Come Home To
・Night And Day
・My Cherie Amour
・You Are The Sunshine Of My Life
・Tennessee Waltz(全体合唱)
・April In Paris
・アンコール All Of Me 


第15回コンサート

2016/4/16

・Blue Skies
・Take The A Train
・Tea For Two
・As Time Goes By
・My Favorite Things 
・Sway(Quien Sera)
・How High The Moon
・Sing Sing Sing
・Dry Bones
・Cheek To Cheek
・All Of Me
・上を向いて歩こう(全体合唱)
・Tennessee Waltz
・It's Only A Paper Moon
・April In Paris
・Broaway
・アンコール How Deep Is Your Love 

続きを読む

The Way You Look Tonight(今宵の君は)

Music: Jerome Kern
Word: Dorothy Fields


1936年の映画、’Swing Time’ Alfred Astaire によって歌われたこの曲はアカデミー主題歌賞を受賞、後に Mel TormeTony BennettPerry Como そして Frank Sinatra 達によって歌われ、Oscar PetersonSonny RollinsThelonious Monk といった Jazz Player 達によっても広く演奏され、現在でもいろいろな演奏家によって取り上げられています。


歌の内容は、何時の日か、僕が酷く落ち込み世間も冷たい時、君への思いを募らせる、今宵の君はどうなんだろうと、と言うロマンティックな恋の歌です。

アメリカ人はこういった曲作りが上手いですね、日本人には無い感覚と言えるでしょう。


今回の編曲はアカペラで Jazz というよりは歌曲風ですので、ハーモニーを重視して美しく歌わなければなりません。


Fred Astaire

 ご存知伊達男 Fred Astaire


参考曲:

https://www.youtube.com/watch?v=1W9qlWqHib4


Bass M.K.

 

 

 

 

 

 

Moonglow(月明かり)

1933年、Will Hudson によって作曲され、Stardust の作詞で有名なIrving Mills が歌詞をつけましたが全然ヒットせず、翌年 Benny Goodman が取り上げショートヴァージョンで演奏し、ヒットするようになりました。原曲はかなり長い演奏だったようです。その(あの)月明かりが僕に君を与えて呉れた、と言うロマンティックな歌になっています。

 

1955年製作の映画 ‘Picnic’ の中で William Holden Kim Novak がダンスをするシーンに使われました。後の彼女とは全く違う化粧の薄い清純な Kim Novak を見ることが出来ます。映画のポスターは刺激的に作られていますが、内容はそんなんでも無く、行きずりの男に恋をし駆け落ちしてしまう女性を描いており、肌も露で髪の短いKim Novak も後の彼女のイメージに基づき描かれています。この映画によりこの曲はリバイバルヒットもしました。

 

なお、歌詞に ’a 及び ’ol と言う言葉が出てきますが、それぞれ have old の略です。

 

Rod Stewartによる参考歌、独特の嗄れ声が結構良いです:

https://www.youtube.com/watch?v=9Y99zYAYYqM



Moonglow


Broadwayについて


                                          作詞:Billy Bird, 

作曲:Teddy McRae, Henri Woode


誠一さん編曲による再々演曲、Broadway の練習が始まりました。過去二度に渡りやって居りますのでご記憶の方も多いかと思います。


この曲はバンド演奏も有りますが、Mel Torme の歌で最も有名で、彼の Sunday in New York と言うアルバムの中に収められています。スキャットがカッコイイのですが、Mel は歌部分しかやっておりません。


Broadway


Broadway, Broadway everybody’s happy and gay

Where the night is brighter than day

All along Broadway


ブロードウェイ、ブロードウェイ皆幸せで楽しそう

夜が昼間より明るいブロードウェイ通り沿い


Sweethearts and beaus on the way to movies and shows

Dressed up in Sunday best clothes up and down Broadways


可愛い子ちゃん達に伊達男達映画やショウへと向かう

日曜日に一張羅を着こなしブロードウェイを行ったり来たり


Out of town I’m low down when I walk along a main street

Anywhere I don’t care but I always find the main street

Just another plain street


表通り沿いを歩いて街を出ると意気消沈、

何処でもかまないけどでも何時も表通りを見つける

単なる脇道でなく


Broadway, Broadway take a little time out for play

Where the joy of living holds sway all along Broadway


ブロードウェイ、ブロードウェイ一寸一服しよう

活きる活力の湧くブロードウェイ通り沿い(hold sway:支配する)


浮き浮きしてきますね。誠一さんの編曲は何時もながらカッコイイ。

華やかで賑やかなブロードウェイを目に浮かべ、張り切って歌いましょう。


参考歌はこちら、


https://www.youtube.com/watch?v=X9xdSpLd_tY


紗理さんご推薦はこちら、


https://www.youtube.com/watch?v=445gFVEoQ2w


好みが分かれると思います。個人的には Broadway は白人の場、Harlem は黒人の場という気はしますが。


Bass M. K



ブルー・スカイズ紹介
お薦めリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ